講師プロフィール

奥瀬健介(ds)

岩手県生まれ。

中学生の頃ドラムを始める。

その後、仙台の大学に進学し、ライブハウス「MACANA」を拠点に活動を行う。在学中に結成した「Soul Addiction」を中心に、ソウルバンド「The Bockers」でもツアー、レコーディングなどに参加。

ニュービートドラムスクールの代表奥瀬健介の写真です

上京後、古澤良治郎氏に師事。セッティングやチューニング、また、その柔軟で繊細かつ強靭なドラミングを目の当たりにする。古澤氏の奏る音そのものである、自然体な人間性にも魅力を感じ、音楽への造詣を深め非常に強い影響を受ける。


2003年、ファンクバンド「オーサカ=モノレール」に参加。国内のライブハウスはもとより、フジロックフェスティバルやインターナショナルロックフェスティバル(韓国)、ベレフフェスティバル(セルビア)など国内外のフェスティバル等でも広く演奏活動を行う。また、マーヴァ・ホイットニーの国内ツアー、ヨーロッパツアーおよびレコーディングに参加。パリではマーサ・ハイとも共演。


平行して、都内ライブハウスを中心に様々なセッションに参加。

向井志門「MSOP」「Swingin' Devils」、山本加津彦「Ao-Neko」、中村大とのDUO「Tohjingbow」、ハラタカシとの社会派DUO「emishi」etc・・・

西荻窪「アケタの店」「clop clop」、高円寺「ペンギンハウス」などで活動する。

また2011年に師の後を継ぎ都内ジャズスクールの講師に就任。ここでは同じく講師の外山明氏・湊雅史氏のドラミング、音楽観に触れる。

2014年から奈良市でニュービートドラムスクールを開校。2020年からは広陵町はしお元気村でドラム講座を担当し、小学生から年配者まで、幅広い層に音楽の楽しさを伝えている。また、京阪神を中心に演奏活動を続けている。

また一方のライフワークとして、生活協同組合コープ自然派で食や環境について学び、食育実践プランナーとして奈良県内の小学校や幼稚園などで食育講座を展開。音楽教育と併せて行う内容は好評を博す。

2017年、レコーディング参加楽曲が米フォード社のCM音楽として全米で放映され、大きな反響を得る。

2024年、オーサカ=モノレールのEUツアーに参加。

参加作品・共演者等・・・オーサカ=モノレール・Undercover Express・Marva Whitney・平井堅・大西ユカリ・Ao-Neko・及川光博・スガシカオ・常田大希(King Gnu)など

 MIKA(ds)

奈良県生まれ。奈良育ち。未就学児向けクラスや初心者の方、また学校生活になじめないお子さんも担当。ニュービートドラムスクールのデザインや製作物、企画立案も担当している。

ピアノや和太鼓を学びながら、27歳のときドラムと出会う。

現在は音楽に囲まれながら子育てママとして奮闘中!

広陵町主催の靴下コンテストでは2年連続入賞。メーカー向けに靴下のデザインもしている。