奥瀬健介 live @ penguine house奥瀬健介(ds)

岩手県生まれ。

中学生の頃ドラムを始める。

仙台の大学に進学し、ライブハウス「MACANA」を拠点に活動を行う。

在学中に結成した「Soul Addiction」を中心に、ソウルバンド「The Bockers」でもツアー、レコーディングなどに参加。

—–

奥瀬健介レコーディング時のセット ryoujirou's set!

上京後、古澤良治郎氏に師事。

セッティングやチューニング、また、その柔軟で繊細かつ強靭なドラミングを目の当たりにする。

古澤氏の仕事後は必ず西荻窪「鳥安」や「CLOP CLOP」での打ち上げに同席し、その包み隠さない人間らしい姿にさらなる魅力を見いだし、非常に強い影響を受ける。

osaka monaurail live at serbia

2003年、ファンクバンド「オーサカ=モノレール」に参加。

国内のライブハウスはもとより、フジロックフェスティバルやインターナショナルロックフェスティバル(韓国)、ベレフフェスティバル(セルビア)など国内外のフェスティバル等でも広く演奏活動を行う。

また、マーヴァ・ホイットニーの国内ツアー、ヨーロッパツアーおよびレコーディングに参加。パリではマーサ・ハイとも共演。

奥瀬健介とハラタカシのDUO[emishi]平行して、都内ライブハウスを中心に様々なセッションに参加。

向井志門「MSOP」「Swingin’ Devils」、山本加津彦「Ao-Neko」、中村大とのDUO「Tohjingbow」、ハラタカシとの社会派DUO「emishi」etc・・・

西荻窪「アケタの店」「clop clop」、高円寺「ペンギンハウス」などで活動する。

また2011年に師の後を継ぎ都内ジャズスクールの講師に就任。

ここでは同じく講師の外山明氏・湊雅史氏のドラミング、音楽観に触れる。

2014年から奈良市でニュービートドラムスクールを開校し、小学生から大人まで、幅広い層に音楽の楽しさを伝えている。
2017年、参加楽曲が米フォード社のCM音楽として全米で放映され、大きな反響を得る。

奥瀬健介のドラムセット「トリクソン」

参加作品・・・オーサカ=モノレール・Undercover Express・Marva Whitney・平井堅・大西ユカリ・Ao-Nekoなど。

1217_okuse

2017 Ford Explore|Marva!! We’re hitting national television!

ライブ